フリーランスのキセキ

初心者ライターが稼げないたったの3つの理由【クラウドソーシング】

time 2017/11/16

初心者ライターが稼げないたったの3つの理由【クラウドソーシング】

「ライターになって数か月が立ったのに全然稼げない…」

「もしかして自分はライターに向いてないのかな…」

このようにライティングで稼げない日々が続くと、焦りや不安からネガティブな感情になってしまうこともあるでしょう。しかし、なぜあなたがライティングで稼ぐことができないのか、その理由を考えたことはありますか?初心者ライターが稼げないのには理由があるのです。今回は初心者ライターが稼げない3つの理由、についてお話ししていきたいと思います。

sponsored link

目標設定(ゴール)が見えていない

ライターとして長期的に稼いでいくためには、目標設定(ゴール)が必要不可欠です。マラソンでもそうですが、ゴールが何キロ先にあるのか分からない状態で走り続けることは出来ませんよね。これはライティングにおいても同じことが言えます。ゴール(収入目標)が無ければ、1日に何文字書けばいいのか分からないはずです。またゴールを設定することで、そこに辿り着くまでの道筋も自然と見えてきます。

例えばゴール(収入目標)を月10万円と設定したとしましょう。その場合、文字単価0.5円なら月に20万文字書けば達成できる計算です。(※クラウドソーシングサイトによってはシステム手数料や各種手数料が発生する場合もあります)つまり、20日稼働で考えた場合なら1日10,000字書けば達成できるのです。さらに25日稼働で考えれば1日8,000文字で達成できます。

このようにゴールを設定した後、さらにそれを細分化していくことでより具体的な目標となるのです。月20万文字と考えると「多いなぁ…」と感じるかも知れませんが、1日8,000文字と考えればなんとなく出来そうな気がしてきますよね。

「今日」何をするのか決まっていない

朝起きてから「今日は何しようかな」と考えてはいませんか?これは初心者ライターにありがちなことですが、1日のスケジュールが決まっていないために行動ができず、結果的に稼げていないのです。理想としては、朝起きた時点で今日一日のやるべきことが決まっている状態、がベストです。1日のスケジュールが予め決まっていれば、そのスケジュール通りに行動することは出来ますよね。そのため、前日に明日やるべきことを全てメモしてから寝るようにしましょう。

また、月曜日~日曜日までの週間スケジュールを組んでおくのも良いでしょう。週間スケジュールがあることで、1週間にメリハリも生まれます。例えば、毎週火曜日と日曜日は休みにする!と決めておけば、「今日頑張れば明日は休みだ」とモチベーションアップにも繋がるでしょう。

さらにここで、スケジュール崩れにならないためのヒントをご伝えします。それは、目いっぱい予定を詰め込まないことです。スケジュールを立てて挫折した経験は誰にでもあるのではないでしょうか。その理由は、目いっぱい詰め込み過ぎているからです。スケジュールを組む際には、イレギュラーな事態が起こることも想定して組みましょう。

例えば、朝9時から夜20時までライティングをする、と決めていたとしても飲み会のお誘いが入ったり、急な来客があったりすると予定が崩れてしまいますよね。一度予定が崩れてしまうと「もういいや」と投げやりな気持ちになってしまう事もあるでしょう。そのため、スケジュールには予め空白時間を設けるようにしましょう。

例えば、「9時~17時までライティグ。それ以降は自由時間」としておけば後は自由な時間として使えるわけです。もちろん17時以降にライティングをしてもOKなのです。自由時間なわけですから。また、9時~17時までライティングするというスケジュールは達成しているわけですから、飲み会があっても来客があっても自由に羽を伸ばして良いのです。

このようにライティングで稼ぐにはスケジュール管理が最も大切となります。しかし、いきなり週間スケジュールを組むのも大変かも知れないので、まずは明日やることを前日の夜までに決めておきましょう。

モチベーションが低下している

ライターで稼いでいくにはモチベーションの維持が必要不可欠です。ゴールの設定やスケジュール管理を行うことで、やるべきことは明確化されます。しかし、それを行動に移すにはモチベーションの維持がどうしても必要なのです。ではなぜ、モチベーションが低下してしまうのでしょうか。それは割に合わない」と心のどこかで思っているからではないでしょうか。

例えば1,000文字で報酬が500円の案件があった場合、これを1時間で仕上げれば時給換算で500円です。これと同様の案件を8時間で8記事作成すると、1日の報酬額はトータル4,.000円になりますよね。おそらく、これがモチベーション低下の大きな原因かと思います。ここで一つ言っておくと、初心者ライターの間は記事作成のルールや文章の型がまだ無いため、作成に時間が掛かって当たり前なのです。そのため、初心者の内から時給計算はしない方が良いでしょう。

記事作成に慣れてくれば作成時間も次第に短くなります。また直接クライアントと契約できるプロジェクト案件に応募し、クライアントの専属ライターとなることで単発案件よりも高額の案件を請けることも可能なのです。(これはクライアントによって単価が異なるため、一概には言えませんが…)

このようにライティングは続けていくことで、より高額の案件に挑戦することも出来ます。そのため、初心者の内は金額面に捉われず、コツコツと記事作成に励んでいきましょう。

まとめ

・ゴール(目標)を設定することが大切

・1日のスケジュール、週間スケジュールを予め立てておく

・初心者のうちは時給換算しない方が良い

ライティングで稼ぐには、継続力が最も必要とされます。モチベーションが低下していても、やる気が出なくても書かなければ稼ぐことが出来ません。そのため、長期的にライティングで稼いでいくには自分自身を管理することが一番大切なのです。

sponsored link