フリーランスのキセキ

本当は教えたくない!記事を外注をするならこのサイト1択!

time 2019/06/02

本当は教えたくない!記事を外注をするならこのサイト1択!

はじめまして、白石です。

仕事をしながらブログを更新している人にとって、”毎日記事を書く”というのは非常に難しいことかと思います。

「家に帰ったら記事書くぞー!」と張り切ってはいても、いざ自宅に帰ると疲れて書けない・・なんてこともありますよね。

そんな時に思い浮かぶのが、”記事の外注化”でしょう。

記事を外注化することで、毎日記事作成に追われずに自分の時間を自由に使うことができるわけです。

あなたはただ、納品された記事をブログを投稿するだけ・・・・

なんて幸せなことでしょうか。

しかし、それはしっかりと外注する媒体を選んでいればの話しです。

間違った発注をすると、余計に手間がかかったり、お金を無駄にしかねません。

そこで今回は、いくつかのサイトに外注してみた私が、本当に良かったと思うサイトを1つご紹介したいと思います。

sponsored link

記事を外注してみた話し

記事の外注だと、

・クラウドワークス
・ランサーズ

などなど、大手クラウドソーシングが挙げられますね。

上記サイトには多くのクラウドワーカーが登録されており、高スキルのワーカーさんも多数登録されています。

しかし!

私的には、どうにも使い勝手が悪かったのです。

その理由としては、記事の依頼する場合にはスタンダードだと、

・プロジェクト形式
・タスク形式

上記2つの形式に分けられています。

2つを簡単に説明すると、

・プロジェクト形式は、クラウドワーカーさんと契約して専属で執筆してもらうシステム
・タスク形式は、単発で仕事を依頼するシステム

ただ、私にはどうしてもこのシステムが合わなかったです。

プロジェクト形式だと、募集をかけたり、色々と処理が面倒だったり・・・契約の途中でも連絡が取れなくなってしまう人もいました。

タスク形式は、依頼して納品を待つだけなので手続きは簡単だったのですが・・・・「え?これコピペじゃね」ってほとの記事を納品してくる方もおりました。

もちろん、それは一部の人たちであって、大半の人はそういった対応はしないと分かってはいます。

分かってはいますが・・・

タスク記事を10記事依頼して、その内8記事は”ほぼ修正しないと使えない内容”だったのは、正直ショックでした。

そこで、「どこか良いサイト無いかな~」と探し、辿り着いたのが”ココナラ”というサイトでした。

記事外注ならココナラ(coconala)!

記事外注を考えている人へ、私が絶対におすすめしたいのがココナラ(coconala)というサイトです!

ココナラでは、サービスを出品している人へ依頼するシステムとなっています。

サービス出品者側で価格を設定しているため、料金もピンキリです。

 

私はココナラで4名の出品者様に記事作成を依頼しましたが・・・・・

質が良い!!

(これは完全に私の主観ですが・・・・)

 

なぜ質が良いかというと、4名とも記事作成の前にきちんと依頼内容のヒアリングをしてくれ、こちらの意図を汲み取った執筆をいただけたからだと思います。

もちろん、出品者様によっては記事内容の質は大きく変わってくるでしょうが、

記事外注を考えている人に「どのサイトがおすすめ?」と聞かれれば、間違いなく”ココナラ”をオススメします!

登録は無料で、記事作成のほかにも様々なジャンルのサービスが出品されているので、色々な発見があるかも知れませんよ!

sponsored link