フリーランスのキセキ

仕事を辞めるかどうか悩むくらいなら、転職しよう!

time 2017/11/04

仕事を辞めるかどうか悩むくらいなら、転職しよう!

いきなりですが、仕事を辞めるかどうか悩むくらいなら転職の道を選びましょう!

「そんな簡単に決められたら苦労しない!生活も掛かってるんだ!」という声が聞こえてきそうですね。でもね、あなたが本当に言ってほしい言葉は「辛いなら辞めていいよ」という言葉なのではないでしょうか?

私はこれまで友人や知人など、多くの仕事相談を受けてきました。

相談内容のほとんどは下記の内容でした。

 

・激務なのに残業が出ない

・入社時に聞いていた仕事内容と違った

・仕事にやりがいが無い

・キャリアアップが出来ない

・人間関係に疲れた

 

どうですか?

今のあなたにも当てはまる部分があるのではないでしょうか?

 

このような相談を受けたら、もう「辞めた方がいいんじゃない・・」という言葉しか見つかりませんでした。

だって、この悩みを相談されて「まだ大丈夫!頑張れ!辛抱だ!」なんて言えますか?

僕は言えませんでした。

 

というか、これは「相談」ではなく「共感」を求めているんですよ。

 

もし仮に「相談」しているのであれば、

「入社時に聞いていた仕事内容と違うんだ。これは労働基準監督署に相談すれば対応してくれるかな?それともハローワークに相談すれば良いのかな?」

という質問になるはずです。

 

「入社時に聞いていた仕事内容と違った」だけだと、「大変だな、もう辞めたら?」しか出てきませんよ。

だって、相手の中で答えはもう決まっているのですから。

 

だから、仕事を辞めたいと思った時には思い切って転職の道を選ぶのもアリでしょう!

 

sponsored link

退職理由に「良い」も「悪い」もない!

snicky2290 / Pixabay

さて、転職を決心したら次の関門が待っていますね。

それは退職理由をどう伝えるか、です。

「どう伝えたら上司に納得してもらえるかな・・」と考えてしまいますよね。

ここで質問です!

あなたは「退職理由は相手を納得させる正当な理由を考えなくてはいけない」と思い込んでいませんか?

その考えは捨ててしましょう!

 

退職理由に「良い」も「悪い」もありません!

 

・キャリアアップがしたいから

・別の職種にチャレンジしてみたいから

 

上記はよく退職理由として使われる例文です。

一見、どちらも前向きな退職理由のように見えます。

しかし、どんなに前向きな退職理由を伝えられても、

上司は「何か会社に対して不満があったのかな・・・・」と考えてしまうものです。

そのため、退職理由は自分の思っている胸の内を全てを伝えてみましょう。

人間関係が嫌で辞めるのであれば「○○さんとうまくいかないから辞めます。1年間我慢し続けましたら限界です。申し訳ありません」と伝えるのも良いでしょう。

給料が少なくて退職を考えているのであれば、「給料が少ないので…」と伝えてみましょう。

退職したい理由をヘタにごまかさず具体的に伝えることで、もしかしたら何か改善案を提示してくれるかも知れません。そうすれば万々歳ですよね。

会社を辞めなくて良いし、不満も解決されるわけです。

そのため、退職理由は変に取り繕わず、胸の内を全て伝えてみましょう。

(もちろん不満ばっかり並べたらダメですよ!あくまでも社会人として謙虚な姿勢で伝えましょう)

 

転職活動は在職中にした方がいい?

いきなり結論ですが、僕は「在職中に転職活動をする」ことをオススメします!

「あぁ~やっぱりね。みんなそう言うもんね!」

・・・今、心の中でそう思いました?

一般論かも知れませんが、在職中に転職活動をする方が効率が良いんですよ!

転職活動って平均してどのくらいの期間が掛かるか、知っていますか?

転職活動を始めてから内定をもらうまで、平均3か月~6か月は掛かるんですよ!場合によってはそれ以上かかる事もあります。それほど内定をもらうのが難しい時代なのです。

このように、内定をもらうには「時間」が必要なわけです。

「退職してから転職活動を始めた方が、時間たっぷりあるし効率良いじゃん!」と思うかも知れませんが、それだけは本当にオススメしません。

在職中にバンバン応募していく方が断然効率的です。

というか、退職してから転職活動を進めると、どうしても「焦り」が出てしまうんですよ。

「やばい、早く次の会社を見つけないとお金が続かなくなる・・・」とネガティブな感情がどんどん湧いてきて、結果的にアルバイトを始めたり、あまり待遇の良くない会社に応募してみたり。

これじゃ本末転倒ですよね。

自分自身をコントロールするためにも、転職活動は在職中にするのがオススメなのです。

 

まとめ

・転職するかどうか悩むぐらいなら、いっそ転職してみよう!

・退職理由はありのままを伝えてみよう!

・転職活動は在職中に始めよう!

 

人って悩んでいる時が一番苦しいんですよね。

だからこそ僕が本当に伝えたいのは、「悩む暇があったら行動してみよう!」ってことです。

ただ、それだけなんです。

行動を起こすだけで、あなたの世界が変わるかも知れません。

ずっと悩んでいても、世界は変わりません。

 

・・・なら、もう行動するしかないですよね?

sponsored link