フリーランスのキセキ

転職初日にあなたの印象が決まる?絶対に気をつけたい5つの注意点

time 2017/11/14

転職初日にあなたの印象が決まる?絶対に気をつけたい5つの注意点

入社日初日は誰でも緊張しますよね。しかし、この初日の立ち振る舞い方によって、あなたの印象がすべて決まってしまうのです。そのため、今後円滑に仕事を進めていくためにも周囲の人たちへ良い印象を与える必要があります。今回は入社日初日に絶対に気をつけたい5つの注意点、についてお話ししていきます。

sponsored link

挨拶は簡潔に済ませる

Tivistar / Pixabay

入社日初日は必ず挨拶の時間が設けられるでしょう。そのため、直前でパニックにならないためにも事前に挨拶を考えておく必要があります。しかし、この挨拶は長々と喋ってはいけません。30秒~1分程度で収まるような簡潔な挨拶にしましょう。

よく面接の際と同じように自分の経歴を踏まえた自己紹介や、短所や長所などの自己アピールを長々と話してしまう人がいます。もちろんこれも悪いことではありませんが、入社挨拶ではあなたのこれまでのエピソードや性格について詳しく伝える必要はないでしょう。挨拶の目的は自分自身をアピールすることでなく、先輩となる人たちに対して「宜しくお願いします」を伝えることです。そのため、名前と年齢を伝えた後「ご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが…」と続けるのが良いでしょう。

ノートを常に携帯する

Engin_Akyurt / Pixabay

これもとても大事なポイントです。入社日初日は覚えることが沢山あります。先輩となる人たちの名前から、建物内の構造、社内ルールなどをいっぺんに説明されるでしょう。もちろん、マニュアルなどをもらえると思いますがノートを常に携帯しておいた方が良いです。現代はスマートフォンの普及により、メモアプリなどを利用してメモを取る人もいますが、あまりおすすめは出来ません。

それは、仮にスマートフォンが故障してしまった場合、メモ内容がすべて消えてしまう恐れがあるからです。また、教える側の立場でも考えてみましょう。仕事内容を説明している最中、ずっとスマホを触られたらどんな気持ちになるでしょうか。もちろん、教えられている側はメモを取っているだけなので悪気などは一切ないでしょう。しかし、教えている側は「説明をちゃんと聞いてるのかな?」や「もしかしてラインしてる?」という疑問を抱いてしまうのです。

このようにスマートフォンは非常に便利なツールなのですが、相手に誤解を招いてしまう恐れもあります。一方、ノートの場合はどうでしょうか。教える側の立場で見た合、説明した内容を一生懸命ノートにメモしている姿を見ると、「頑張ってるなぁ」と感心してしまうのではないでしょうか。さらに言ってしまえば、人は話しをちゃんと聞いてくれる人に対しては丁寧に教えてあげたくなるものです。そのため、スマホを利用してメモを取るよりも、ノートを使った方があなたの印象も良くなる、というわけです。

人の話しを遮断しない

josemiguels / Pixabay

これも意外とやってしまいがちな行為です。人は自分が話している最中に、言葉を被せられると説明する気が失せてしまいますよね。そのため、説明を受けている最中に疑問があったとしても、最後まで聞き終わってから質問するようにしましょう。これもあなたの印象を良くする一つの方法です。「きちんと話しを最後まで聞く人」という印象が付けば、それだけであなたの信頼性も増すでしょう。

仮にもし仕事で失敗をしてしまった場面を想像してみてください。説明を最後まで聞いていた人と、説明中に何度も話しを遮っていた人がいた場合、どちらの方がフォローしてあげたいと思うでしょうか。恐らく前者ではないかと思います。人の印象は話しの聞き方によっては大きく変わります。そのため、人から説明を受けている場合は話しを遮らず、全て聞き終わってから話し始めるようにしましょう。

ネクタイをしっかり締める

Goumbik / Pixabay

ネクタイが緩んだ状態になっていると、少しダラしない印象を受けるのではないでしょうか。中学生や高校生の頃であれば、ネクタイを緩めていた方がカッコイイという風習もあったでしょう。しかし、職場と学校は違いますよね。そのため、ネクタイが緩んでいないか、常に気にかけるようにしましょう。人は見た目が9割、と言われていますがまさしくその通りだと思います。スーツを着てピシッとネクタイを締めている人って、仕事が出来そうに見えますよね。

前髪を触らない

RoyalAnwar / Pixabay

これは無意識にやっている人が多いと思いますが、注意が必要です。前髪を常に触っている人は、落ち着きが無かったりナルシストな印象を相手に与えてしまいます。社会人として身だしなみを気にすることはとても素晴らしいことだと思いますが、前髪の触り過ぎは相手に不快感を与えてしまう恐れもありますので、癖になっている場合には注意しましょう。どうしても前髪を直したい、と思った際にはトイレに入ってからこっそり直すようにしましょう。

まとめ

・初日の挨拶は30秒~1分程度に収める

・メモを取る場合はスマホではなく、ノートを活用する

・人の話しは遮らないこと

・ネクタイが緩んでいないか常に注意する

・前髪を触らない

転職初日は誰でも緊張するものです。そのため、多少の失敗は付き物です。しかし、初日の印象によってあなたの印象が決まる、ということも理解しておきましょう。

sponsored link