フリーランスのキセキ

”良い求人がない”のは何故?仕事探しで”良い求人が無い”と思ったときに見直したい3つのポイント

time 2017/11/23

”良い求人がない”のは何故?仕事探しで”良い求人が無い”と思ったときに見直したい3つのポイント

「今日も良い求人無かったなぁ。また次に期待するか」

転職サイトで仕事を探していても中々”良い求人”に出会えず、情報更新日に期待をかける、という人も多いのではないでしょうか。しかし、そのやり方では完全な”運”まかせの仕事探しになってしまうため、長期的に仕事が見つからない可能性も考えられます。では、なぜ”良い求人がない”状態になってしまうのでしょうか。今回は、仕事探しで”良い求人が無い”と思ったときに見直したい3つのポイントについてお話ししていきたいと思います。

sponsored link

希望条件を限定し過ぎていないか

Alexas_Fotos / Pixabay

”良い求人が無い”と悩む人の多くは、希望条件を限定し過ぎる傾向にあります。転職サイトやハローワークには多くの求人案件が掲載されていますが、ガチガチに条件を絞り過ぎてしまうと、ほとんどの求人がはじかれてしまいます。そのため、”良い求人が無い”と悩んでいる人は、一度希望条件を見直す必要があるでしょう。

希望条件を絞る場合、多くの人は「職種」「年収」「勤務地」「福利厚生」の項目に焦点を当てます。その上で、自分の希望する条件を絞って検索をかけているわけです。”良い求人が無い”と悩んでいる人は、この4項目すべてに自分を希望条件を乗せてしまっているのです。

例えば、仮にあなたが事務職の求人を探しているとします。そこで下記条件を検索結果に入れたとしましょう。

・職種:事務職、営業事務のみ

・希望年収:350万円~400万円

・勤務地:自宅から30分以内、もしくは3駅以内

・賞与は年2回、退職金制度有、など充実した福利厚生

この条件を入れて検索をかけると、かなりの数の求人がはじかれてしまいますよね。都市部のど真ん中に住んでいるのであれば可能性はあるかも知れませんが、都市部から少しでも離れた場所に済んでいる場合には、この条件はかなり難しい条件ともいえます。

このように自身の希望条件を最大限投影してしまうと、ほとんどの求人が検索に引っかからなくなり、結果として”良い求人が無い”状態になってしまうのです。そのため、”良い求人が無い”と思った際には、まず希望条件から見直してみましょう。しかし、職種や年収、福利厚生の面はどうしても譲れないという人もいますよね。そういった人はまず、勤務地の幅をもう少し広げて検索してみましょう。勤務地を3駅~4駅先まで伸ばすだけで、検索結果に表示される求人数もかなり変わるはずです。

様々な媒体に目を通しているか

Engin_Akyurt / Pixabay

”良い求人が無い”と悩む人は、特定の求人媒体に頼り過ぎている傾向がありますハローワークや転職サイトを利用すれば数多くの求人を閲覧できるでしょう。しかし、求人募集を考えている全ての企業がハローワーク、転職サイトに求人情報を掲載するわけではありませんよね。求人誌や新聞織り込みにも求人情報は掲載されています。新聞の紙面にも求人は掲載されています。また、求人媒体を利用せず自社のHPに求人を掲載している企業もあります。お店の前に”求人募集”の張り紙をしている企業だってあります。

このように求人情報は身近なところにも沢山あるのです。そのため、ハローワークや転職サイトに目を通して「あぁ~今日も良い求人無かったなぁ。来週に期待するか」ではダメなのです。時間が少しでもあるのであれば”どこかに良い求人があるかも知れない”と信じて、様々な媒体に目を通してください。この行動が無駄になることもあるでしょう。しかし、もしかしたらその行動によって最高の職場に巡り合える可能性だってあります。

すぐに行動に移しているか

geralt / Pixabay

これは非常に重要です。行動が遅い人ほど、良い求人をみすみす逃してしまっている可能性があります。転職サイトなどでは掲載期間が予め決まっているため、求人が掲載されている限り応募することは可能です。しかし、掲載終了間際の求人情報は既に内定者が決まっている可能性があります。また掲載したばかりの求人であっても、応募者過多により早期に募集を締め切ってしまう場合もあります。これは転職サイトだけでなく、すべての求人情報にも該当することです。

そのため、「よし!企業研究を徹底して、この市場の将来について考えてから応募しよう!」などと悠長なことを言っていては、他の応募者に先を越されてしまいます。気になった求人があれば、すぐに応募するように心掛けましょう。「後で」と考えている間にも、その”良い求人”は無くなってしまうかも知れません。仕事探しはスピード勝負でもあります。”良い求人が無い”と悩んでいる人は、すぐに行動する癖を付けてみましょう。

まとめ

”良い求人が無い”と悩んでいる人は、仕事の探し方から変えてみましょう。なにかひとつに固執したやり方では視野は広がりません。そのため、様々な媒体に目を通し、気になった企業があればすぐに応募するようにしましょう。

sponsored link