フリーランスのキセキ

営業なのに運転が苦手?どうすれば運転がうまくなる?【仕事】

time 2018/01/03

営業なのに運転が苦手?どうすれば運転がうまくなる?【仕事】

こんばんは、フリーライターの白石です。

営業職になるとどうしても運転する機会が増えますよね。しかし、「運転が苦手」という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「営業なのに運転が苦手?どうすれば運転がうまくなる?」と題して、

・営業職は運転が必須?
・運転の練習方法は?
・運転をする上で大切な3つのこと

上記3つについてお話ししていきます。

sponsored link

営業職は運転が必須?

Toby_Parsons / Pixabay

一般的に営業職は運転が必須ですよね。営業職の求人では必ずと言っていいほど応募要件に「運転免許所持者」と記載されています。ではなぜ営業職は運転が必須なのでしょうか。

営業職には俊敏性が求められる

営業職はどうしても俊敏性が求められます。例えば納品ミスなどトラブルが発生した場合、取引先からのクレームは全て担当営業に連絡がくるでしょう。その際に、いかに迅速に対応できるかによって会社の評価にも影響してきます。しかし、そのような緊急性の高い場面で電車やバスなどの公共機関では対応に遅れが生じてしまいます。そのため、どんな場面でも迅速に対応できる車が必要不可欠なのです。

営業は送り迎えをすることもある

営業の場合、クライアントや上司などを送迎をする機会も多いです。特に上司の送迎は多いかも知れませんね。例えば「駅まで乗せてってー」といった感じですね。タクシーに乗ると経費もかかりますし、バスは時間が読めません。そのため、新入社員などは運転の練習も兼ねて、送迎を頼まれることが多いでしょう。

運転の練習方法は?

kaboompics / Pixabay

では、運転がうまくなるにはどのような練習をすれば良いのでしょうか。

練習方法1:ペーパードライバー講習を受ける

運転が苦手な場合、教習所などで行われているペーパードライバー講習を受けるのも良いでしょう。費用はかかってしまいますが、やはり運転のプロに教わることが上達への近道かと思います。「いまさら教習所なんて・・・・」と思うかも知れませんが、基本から学び直すというのも案外勉強になるかも知れません。

練習方法2:上司や先輩に同乗してもらう

上司や先輩に頼んで助手席に乗ってもらうのも良いでしょう。運転に関して厳しい指摘を受けるかも知れませんが、きっと良いアドバイスをもらえるはずです。

練習方法3:道が空いている夜に練習する

夜は日中に比べて交通量が落ち着いています。そのため、比較的道路が空いている夜に走行練習をするのも良いでしょう。しかし、日中に比べて視界が悪いため運転する際には十分な注意が必要です。

sponsored link

運転をする上で大切な3つのこと

MabelAmber / Pixabay

ここでは運転をする上で大切な3つのことについてお話ししていきます。

見栄を張らないこと

運転に慣れていないのに、見栄を張ってできないことをするのは絶対にやめましょう。運転に慣れていないのにスピードを出す、ウインカーを出してすぐに車線変更をする、など運転のうまい人がやっている動作を真似するのは非常に危険です。(車線変更を行う場合、ウインカーを出すのは車線を変更を行う3秒前と定められています)運転がうまいと思われたい!という気持ちは分かりますが、運転はすぐにうまくなるものではありません。そのため、見栄を張らずに安全運転を心がけましょう。

焦らないこと

運転において焦りは非常に危険です。初心者の場合、車線変更のタイミングが分からなかったり、曲がるタイミングが分からなかったりすると焦ってしまいますよね。そのときに急にハンドルを切ったり、急に車線を変えたりすると大事故に繋がってしまいます。これは本当に危険です。そのため、運転中はなにがあっても焦らず、周囲を見て運転するようにしましょう。

安全を最優先すること

運転をする上で最も大切なこと、それは安全を最優先にすることです。例えば、どうしても時間ぎりぎりでスピードを出してしまうこともあるでしょう。しかし、これは非常に危険な行為です。たしかに営業は緊急を要する案件もあるでしょう。とはいえ、焦ってスピードを出して事故を起こしてしまえば元も子もありません。そのため、運転をする上では安全第一を念頭に置いておきましょう。

まとめ

今回は「営業なのに運転が苦手?どうすれば運転がうまくなる?」と題して、

・営業職は運転が必須?
・運転の練習方法は?
・運転をする上で大切な3つのこと

上記3つについてお話ししていきました。

営業職と運転はどうしても切り離せないものです。しかし、「どんなに運転を練習してもうまくならない」と悩む人もいるでしょう。その場合は、無理をせず転職を考えるのも良いでしょう。きっとあなたに合う仕事が見つかるはずです。

仕事はどうやって探す?正社員求人を探すなら登録しておきたい3つのサイト

転職エージェントってどう?利用するメリットやデメリットは?

 

sponsored link