フリーランスのキセキ

パチンコをやめられない人必見!パチンコをやめるたった1つの方法

time 2019/08/18

パチンコをやめられない人必見!パチンコをやめるたった1つの方法

「昨日パチンコをやめるって決意したのに、また今日もやってしまった・・・」

 

あなたは今、このようなお悩みを抱えていますよね?

つい数時間前まで財布には3万円あったのに、いまはもう空っぽ・・・

財布にあるのは小銭だけ・・・

 

「数時間前に戻りたい・・・」

こんなことを考えながら、うつむいて自宅へ帰っている最中かも知れません。

 

 

そして、こう考えるでしょう。

 

「もう二度とパチンコはしない!」

 

・・・・

この決意ははじめてですか?

前にも同じ決意をしていませんでしたか?

 

人って時間が経つと忘れてしまうんですよね。

昨日の晩御飯もなかなか思い出せないのですから。

 

ですが、安心してください。

この記事に辿り着いたあなたはもう大丈夫です!

わたしが実際にパチンコをやめることができた方法をご紹介します!

 

パチンコに振り回されると、仕事にも影響が出てしまいます。

 

パチンコ生活に終止符を打ち、仕事もプライベートも充実した楽しい日々を手に入れましょう!

※わたしはパチンコやめたら貯金ができましたよ!

なぜパチンコがやめられないのか?

いくら決意しても、次の日にはパチンコ店に行ってしまった人も多いでしょう。

ではなぜ、簡単にパチンコをやめることができないのでしょうか?

その理由は大きく2つあると考えます。

それは、

・勝ったときの感覚を覚えているから

・負けた分を取り返そうとしているから

その理由を詳しくみていきましょう。

勝ったときの感覚を覚えているから

なぜ簡単にやめられないのか?

それはパチンコで勝ったときの感覚を覚えているからです。

例えば、

・千円で二万円勝った!

・一万円で十万円勝った!

 

このような経験って忘れないですよね。

もしかすると、1日で三十万円勝ったことのある人もいるかも知れません。

 

このようにパチンコで勝った経験、ドル箱を積んだ記憶のある人は、

「今日は勝てるかも知れない!」と、

良い記憶の部分だけを呼び起こし、パチンコに行ってしまいます。

そのため、パチンコをやめることが難しいのです。

負けた分を取り返そうとしているから

「昨日負けた分を取り返したい!」

こう思い次の日もパチンコ店に足を運んでしまう人も多いでしょう。

負けた日って悔しいですよね。

そして、次の日は回収のために行ってしまう・・・

もちろん勝てれば良いですが、次の日も負けたら・・・?

このように負けた分を取り返しにいく→負ける→また取り返しにいく→・・・

といった負の連鎖に入ってしまい、なかなかやめられない人も多いです。

パチンコをやめる方法は?

ここでは僕が実際に試したパチンコをやめる方法について解説します。一般的に言われているパチンコをやめる方法ですね。

当時の僕はインターネットで調べて下記の方法を試しましたが、僕はこの方法ではだめでした。

ですが、一応載せておきます。

財布にお金を入れない?

財布にお金を入れない方法ですね。

たしかに、財布にお金を入れなければパチンコを打つことはできません。

ですが、何かと理由をつけて財布にお金を入れちゃうんですよね。

さらに、キャッシュカードを財布に入れない方法も試してみましたが、

結果キャッシュカードも財布に入ってないと不安だったため、ダメでした。

その結果、普通にパチンコ行きました。

予定を入れていかないようにする?

予定を入れてしまってパチンコに行かない方法です。

たしかに予定がある日はパチンコには行けません。

しかし、

予定は毎日入りませんし、夜ちょっと時間が空けば行ってしまいました。

資格試験の勉強をする?

先述した予定を入れて行かないようにするに似ていますが、

資格勉強をすることによって強制的に予定を入れてしまう作戦です。

「土日は資格勉強時間にする!」

そう決意しても、自発的な決意はすぐに崩れ去りました。

普通に行ってしまいましたね。

僕がパチンコをやめられた方法

では、僕が実際にパチンコをやめることが出来た方法をあなたに教えます。

それは、

頑張って立ち上がることです。

 

??????

ですよね。

解説します。

 

パチンコ店に入って一番大変なことってなんだと思いますか?

 

それは、負けたまま帰る決断をすること、だと思います。

 

「もう10,000円も使ったのに、このまま大当たりも引かずに帰れるか!」

「なんとなく、もうちょっとで出そうな気がするからあと5,000円だけ・・」

 

このように、少しでも金額を台に突っ込んでしまうと、なかなかその台から離れられなくなってしまうのです。

あなたは、一万円突っ込んだ台を放置して、そのまま帰れますか?

 

きっとあなたはこう考えるでしょう。

「いま台を手放して、次の人が1,000円で当てたら後悔する!」

 

その結果、お金をどんどんつぎ込んでしまう。

 

だから、僕は考えました。

 

台に座った瞬間、立ち上がって店を出てしまえば良いのだと。

 

パチンコ店に入り、良い台を見つけ、ジュースを買って席に座り、

「さあ、打つぞ!」という体勢が整ってから、

その重い重い腰を上げ、頑張って立ち上がり店を出る。

 

もちろん一円も使わずに。

 

これが本当に効果的でした。

 

まず、お金を使わない(買ったジュースは家に帰ったら飲む)し、パチンコ店の雰囲気だけは味わうことができる。

・お金を突っ込むから、帰れなくなる

・お金を突っ込むから、取り返しにいこうとする

わけです。

 

つまり、もうお金を突っ込まなければいいのです。

 

正直、一度台の椅子に座ってパチンコを打たずに帰るというのは、正直しんどいと思います。

これを試したとき、頑張って立ち上がるの意味がわかっていただけると思います。

 

ただ、一度パチンコ店に入り、頑張って立ち上がって帰ると

意外とすっきりするんですよ。

「まあ、やらなくてもいいかな」って気持ちになるかと思います。

 

仮に台に座って、頑張っても立ち上がれそうにないときは次のことを考えてみてください。

・この千円で家族においしいものを買って帰れないか?

・この千円で自分が食べたいものを買って帰れないか?

・この千円で自分が何日間暮らせるのか?

さらに、

・パチンコする時間は家族や友人、恋人と過ごす時間より大切なのか?

こんなことを考えると、頑張って立ち上がれるかも知れません。

 

パチンコがやめたくてもやめられないと悩んでいる人は一度試してみてください!

 

ただ、1つだけ注意点も伝えておきます。

パチンコをやめると決意したら、なにが何でももうパチンコはやらない!と心に決めておきましょう。

どういうことか?

 

例えば、

「2,000円だけやってみようかな?」

↑こういうのは一切なしです!

 

先述したとおり、パチンコはお金を注ぎ込むとやめられなくなるからです、

「2,000円だけ・・・」なんてやってしまったが最後、きっと2,000円だけじゃ済まなくなります。

 

やめると決めたら絶対やめる!

これだけは徹底しましょう!

 

あなたがパチンコをやめられる日が来るのを願っています。

パチンコをやめて、仕事もプライベートも充実したものにしましょう!!

sponsored link