【鬼滅の刃】日輪刀とはどんな刀なのか?そして”赫刀”とは一体?

※本記事は一部ネタバレを含みます。

こんにちは、白石です。

今回は、大ヒット漫画【鬼滅の刃】に登場する刀、”日輪刀”の秘密について迫っていきたいと思います。

日輪刀の秘密に迫る


※クリックするとamazon商品ページへ飛びます

”日輪刀”とは鬼滅の刃の劇中において鬼舞辻無惨をはじめとした人食いの鬼達を切ることのできる唯一無二の武器を指します。

鬼殺隊隊士の基本装備ではありますが、その実は鬼の頸を斬った時にしか効力は発揮されません。

太陽に一番近く、一年中陽の射すという陽光山で採れる猩々緋砂鉄と猩々緋鉱石から鬼殺隊隊士専用の刀匠が精錬して作りあげたものです。

劇中では鬼殺隊の切り札として八面六臂の活躍を見せる一方、実力上位の鬼には通用せずあっさりと折れてしまったり、頸以外では切った部分が陽の力で焼けるといった特殊効果はなく、あっさりと再生されてしまったシーンも多々ありました。

強さと脆さを兼ね備えた不思議な刀、それが日輪刀だと言えるでしょう。

使い手によって千差万別の日輪刀


※クリックするとRakuten(楽天)商品ページへ飛びます

日輪刀は千差万別、基本的には日本刀ですが、使い主と刀匠によってカスタムされたものもあり、多様なバリエーションがあります。

特に基本の呼吸から派生した蛇、恋、蟲に至っては個々の戦闘スタイルに特化させた形の刀を使っているのが特徴です。

鬼の顎を切る力のない蟲柱・胡蝶しのぶの日輪刀は毒を撃ち込むためのいわゆる“突”に特化したタイプの刀を使用。

恋柱の甘露寺蜜璃の日輪刀は刀身を極薄にしたタイプで、鞭のようにしなったうえに恋の呼吸でピンクに刀身が染まり、彼女ならではのみのこなしで劇中では新体操のリボン、舞っているようにも見えたものです。

蛇柱・伊黒小芭内のものはいわゆる諸刃のフランベルジュと言われるもので、死よりも苦痛を与えることを目的とした刀、まさに性格が出ていると言えるのかもしれません。

また岩柱・悲鳴嶼行冥は棘鉄球が鎖でつながれた手斧を日輪刀として使用おり、まさに千差万別だと言えるでしょう。

使い手と作り手の拘りの見られる日輪刀の鐔

また日輪刀において各人、独自のスタイルを見せているのが鍔(つば)になります。

実在した剣豪の宮本武蔵は数多くの鐔を考案し、自らも多くの鐔を製作したことで知られていますが鬼滅の刃の鐔も見ていて楽しくなるデザインが多く見受けられます。

恋柱・甘露寺蜜璃のそれは刀身とならび独特でピンクの四つ葉のクローバーのデザインで劇中では一際存在感を放ちました。

また鐔以外では獣の呼吸の使い手である伊之助は新品の刀をわざと石で叩いて刃溢れさせたり(当然ながら伊之助専属の鉄穴森鋼蔵は激昂)とスタイル、考え方は様々でまさに持ち主次第だと言えるでしょう。

刀鍛冶の里の里長である鉄地河原鉄珍は胡蝶しのぶや甘露寺蜜璃の日輪刀を作製。里長自らからくりの仕組まれたしのぶの日輪刀を作るなど懐の広さを見せています。

日輪刀の色に迫る!赫刀化とは?

日輪刀の秘密としてあげられるのが”刀身の色の変化”です。

各持ち主の呼吸属性によって刀身の色が変化するとともに劇中、特にアニメではエフェクトによる視覚効果も絶大なものがあります。

そのなかでも注目したいのは終盤にその存在が明かされた“赫刀”だと言えるでしょう。

これは日輪刀がなんらかの理由によって赤く染まる現象で、刀身が赤色に変化した日輪刀である赫刀で鬼を攻撃し傷つけた場合、鬼に焼け付くような痛みを与えることが可能になり、上位の型を使うことで致命傷に成りうる大ダメージをもたらします。

赫刀化するためには幾つかの方法がありますが、基本的には刀の温度を上げることです。刀の柄を強く握ることや刀同士でせめぎ合い自然に温度が上がって発現します。

その一方で炭治郎は禰豆子との連携で彼女の血気術である「爆血」を日輪刀に受け赫刀化して戦ったこともありました。

黒刀の秘密:なぜ重要な秘密が伝わらなかったのか


※クリックするとRakuten(楽天)商品ページへ飛びます

最終選別に合格した後日、刀匠である鋼鐵塚蛍から炭治郎は日輪刀をもらい受けます。

炭治郎が柄を握ったところ黒色に変化、鋼鐵塚が激昂し鱗滝が厳しい言葉を呟いたのは印象的でした。また煉獄杏寿郎も黒刀はきついと一刀両断。

柱になったのを見たことがないと語ったのに加え、どの流派を極めていいのかもわからないと炭治郎に告げるのでした。

しかし日の呼吸の使い手である継国縁壱は漆黒の刀を使っており、普段は漆黒の刀身を戦いの時には赤く変化させて使用していたことも判明します。

鬼舞辻無惨攻略の鍵を握る日の呼吸と黒刀ですが、この重要な事実が後年に伝わらなかったのは奇妙であり疑問にも思えます。

これは黒死牟が無惨のもとへ走る際に、当時の産屋敷当主を抹殺したことに加え、日の呼吸の使い手を無惨と黒死牟が処分していったからだと思われます。

まとめ

今回は、「【鬼滅の刃】日輪刀とはどんな刀なのか?そして”赫刀”とは一体?」と題して、

・日輪刀の秘密に迫る
・使い手によって千差万別の日輪刀
・使い手と作り手の拘りの見られる日輪刀の鐔
・日輪刀の色に迫る!赫刀化とは?
・黒刀の秘密:なぜ重要な秘密が伝わらなかったのか
上記についてお話ししていきました。

”日輪刀”とは鬼滅の刃の劇中において鬼舞辻無惨をはじめとした人食いの鬼達を切ることのできる唯一無二の武器であり、太陽に一番近く、一年中陽の射すという陽光山で採れる猩々緋砂鉄と猩々緋鉱石から鬼殺隊隊士専用の刀匠が精錬して作りあげたものでした。

そして、”日輪刀”の刀身の色は持ち主によって変化する特性もあります。

今後、外伝やスピンオフの作品がでた際には、また新たな”色”を持つ剣士が現れるのでしょうか。期待ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

下記記事も併せてお読みください。

【鬼滅の刃】と【るろうに剣心】は同じ時代?炭治郎と剣心は何歳差?