【鬼滅の刃】はじまりの剣士「継国縁壱」とはどんな人物?鬼殺隊の歴史からは抹消されている?

※本記事は一部ネタバレを含みます。

こんにちは、白石です。

今回は”はじまりの剣士”継国縁壱の魅力に迫っていきたいと思います。

はじまりの剣士「継国縁壱」


※クリックするとRakuten(楽天)商品ページへ飛びます

継国縁壱は”はじまりの剣士”とも”耳飾りの剣士”とも言われる「鬼滅の刃における鬼舞辻無惨討伐において、重要な鍵をもった人物」です。

その強さは、間違いなく作中最強といえます。

劇中で圧倒的な強さを誇る無惨ですら「本当の化け物はあの男だ」と認め、縁壱が亡くなってから300年以上経過した大正時代においてもその影に脅えたほどの存在だと言っていいでしょう。

ただその生涯は忌み子として忌避されてきた幼少時代、剣の才を見せてから手のひらを返したように扱う周囲、最愛のうたとの離別と過酷な日々を過ごします。

さらに追い討ちをかけるように無惨を取り逃がし、珠世を見逃したことで仲間と思っていた鬼殺隊からは糾弾され追放、兄は”黒死牟”として鬼に堕ちました。

うたと過ごした期間、そして竈門家で過ごした二度の期間以外は辛い人生だったのかもしれません。

炭治郎と縁壱、二人の関係は?

劇中において気になるのは竈門炭治郎と継国縁壱、この二人の関係でしょう。

炭治郎に遺伝された炭吉の記憶、そして様々な共通点や伏線がはられてきました。

顔の痣の位置はもとより、全集中の呼吸”を極めることで到達する“透き通る世界”の境地までたどり着いたこと、炭治郎の日輪刀の刀身が前例の少ない黒に変化したことなどもあげられるでしょう。

また物理的な共通項ばかりではなく、炭治郎が刀をふるう姿が縁壱が刀をふるう姿に重なったこと、しかもそれはただの幻ではなく実際に縁壱と戦った無惨の細胞の記憶がそれを見せたことなど重要な伏線がありました。

このため炭治郎と縁壱はなんらかの血縁関係があるのだと連載当時から考察されていたものです。

子孫?転生?継国縁壱と竈門炭治郎


※クリックするとamazon商品ページへ飛びます

確実に言えるのは竈門炭治郎と継国縁壱は子孫ではなく、血縁関係は一切ないということです。

これは単行本21巻の大正コソコソ話で作者である吾峠呼世晴先生が正式に否定しました。

縁壱は嫁であった”うた”だけを生涯一途に愛し、再婚はせず独り身を貫いて果てたと明言しています。

このため縁壱は竈門炭治郎へ転生したのでは?とも父親である竈門炭十郎へ転生したのではないか?とも囁かれますが、実際のところ真相は藪のなかなのが現状。

最終話で転生の概念が出てきたことに加え、現代の人物に転生した形跡がないことも踏まえれば、既に登場人物の誰かに転生しているのでは?と捉えることもできますが、あくまでも推測です。

このため外伝・スピンオフなど今後の展開でこの伏線の回収に期待したいところです。

劇中最強・縁壱が残したものとは?


※クリックするとamazon商品ページへ飛びます

劇中において、継国縁壱が後世に残したものは計り知れないほど多く大きいとしかいえません。

個人として鬼を討伐する力は随一ではありますが、鬼殺隊に全集中の呼吸をもたらし討伐能力の底上げを行ったのも継国縁壱です。

平安時代初期に生まれた鬼舞辻無惨と無惨が増やした鬼の存在に対して鬼殺隊も生まれ、1000年程度の歴史がありましたが、彼が登場するまでの600~700年間は隊士の犠牲を念頭においた個対集団による戦いだったものを個対個の戦いに持ち込める功績は大きいと言えるでしょう。

縁壱がどれだけ強くても身体は1つ、1人で守れる場所と人は限られるのですから。

無惨は無駄に人を食らう鬼ではないだけに、この鬼殺隊士の能力の底上げで助けられる人の数は莫大に増えたはずです。

皮肉?無惨の評価と存在を抹消した鬼殺隊


※クリックするとRakuten(楽天)商品ページへ飛びます

劇中のラスボスである鬼舞辻無惨の細胞に焼きついている継国縁壱への恐怖心は計り知れないものがありました。

フィジカル的に無惨に300年経っても完全に残らない古傷を与えていたのは最終決戦時に大きく炭治郎の手助けの役割を果たしましたが、それ以上にメンタル面で無惨を苛みます。

なにしろ対峙したところ縁壱に瞬殺され、自爆して逃走を試みるも1500/1800個で肉塊は殲滅されては、以降縁壱が亡くなるまで引きこもるのも無理はありません。

無惨「神や仏でも予想できなかった出鱈目な御伽噺」「本当の化け物」

無惨にこれだけのトラウマと傷を負わせた縁壱ですが、鬼殺隊の歴史からはほぼ抹消されています。これは縁壱と同じ”日の呼吸”を扱う者を無惨が消し去ろうとしていたからでしょうか。

そして80歳半ばとなった縁壱は鬼と化した兄:黒死牟を対峙。齢80を越えても尚、その剣さばきは衰えておらず黒死牟を追い詰めますが、戦闘中に寿命を迎えます。

まとめ

今回は、「【鬼滅の刃】はじまりの剣士「継国縁壱」とはどんな人物?鬼殺隊の歴史からは抹消されている?」と題して、

・はじまりの剣士「継国縁壱」
・炭治郎と縁壱、二人の関係は?
・子孫?転生?継国縁壱と竈門炭治郎?
・劇中最強・縁壱が残したものとは?
・皮肉?無惨の評価と存在を抹消した鬼殺隊
上記内容についてお話ししていきました。
鬼殺隊最強の剣士:継国縁壱。
継国縁壱のスピンオフ作品が出ることを楽しみしています(切実)
最後までお読みいただき、ありがとうございました。