【幽遊白書】なぜ飛影は幽助の味方になったのか?幽助の一言がきっかけ?

『幽☆遊☆白書』で作中No.1の人気を誇る”飛影”。

彼は登場から初期の間こそ幽助の前に立ちはだかりますが、戦いの果てに幽助たちと行動をともにしていきます。

本編の最後、飛影は幽助たちと直接絡むシーンはなかったものの、将来的な再会を示唆した言葉を発して、幽助らとの絆を彼なりに大切にしていることが見受けられました。

最終回の「2、3年したらまた会ってやらんでもない。」これが飛影の本編ではラストの台詞になります。テレですね。わかります。

劇中において最初から最後まで基本的にはツンデレで本心を明かすことのなかった飛影。

この言葉にたどり着くまでには彼自身の変化も大きいものがあったはずです。またファンにとっても飛影のこの言葉に感銘を受けた方も多いでしょう。

そこで今回、「なぜ飛影は幽助の味方になったのか?」についてお話ししていきたいと思います。

幽助の一言がきっかけ?


※クリックするとamazon商品ページへ飛びます

飛影と幽助の出逢いは原作第3巻の「霊界探偵編」において三人の盗賊退治へ赴いた時まで遡ります。

 

この時は小悪党らしく幽助の幼馴染である螢子を人質にし、幽助を追い詰めながらも蔵馬が幽助側に回ったことにより敗北を喫しました。

 

あくまでもこのときは、幽助に対して”己の道を阻む敵”としての認識しかありませんでした。

 

その後四聖獣編で再登場してからは、小悪党の体は鳴りを潜めます。裏切りの門においては幽助が全霊力を放出させ飛影をカバーし、飛影を信じて「行ってくれ飛影!任せたぜ!」と告げます。

 

この幽助の一言が飛影の心に楔を打ち込み、距離が接近。

 

以降は幽助陣営のNo.2ポジションとして、ラスボスへ向かう幽助の露払いをしていくことになっていきます。

 

友を失い、情が爆発した仙水戦

仙水編での飛影が幽助との絆を改めて示したシーンは、仙水忍に幽助が心臓を撃ち抜かれて死亡した時でした。

 

この幽助の死により、飛影はA級妖怪としての力を取り戻すことになります。

 

飛影の生涯で数少ない“友情”を感じることのできた“友”の幽助を失い、残ったのは”情“。

 

飛影がなぜ幽助の味方をするのかが解る場面だと言っていいでしょう。

 

また彼が生き返った際には今までの劇中ではこれまでに見せたことのない屈託のない笑顔で大笑いする姿を見せます。

このシーンも極めて印象的でした。

 

また最終回直前の審判の門での事変に際して、幽助が異次元砲のスイッチを押す際に「逃げろ」と告げたものの友として最期まで一蓮托生の姿勢を貫きます。

 

コエンマと共に幽助のもとに付き添ったのも極めて印象的でした。

飛影が幽助と行動を共にする理由


※クリックするとamazon商品ページへ飛びます

幽助の手助けをする理由として、飛影にもメリットがあったのは言うまでもありません。

 

最大の理由は双子の妹である“雪菜”の行方を探すのに都合が良いことが挙げられます。

 

垂金の手から雪菜を救出したことにより、彼が幽助に協力する見返りは薄くなりましたが、それでもなお行動をともしたのは四聖獣編でわずかなりとも生まれた絆、友情の芽生えからだと言っていいはずです。

 

幽助達と行動をともにすることで雪菜を自らの手で守ることが可能、守りやすくなるという理由もありはしましたがそれは付け足しの理由にしかすぎないでしょう。

 

これと同様に霊界からの刑罰免除、霊界の監視下から解放、黒の章の入手と彼が幽助たちと同行する理由はその章の度に幾つもありましたが、これは些細な口実に過ぎず、見返りがなくとも情の深い彼ならば行動をともにしたはずです。

飛影が幽助の仲間になった本当の理由とは


※クリックするとamazon商品ページへ飛びます

飛影が幽助に寄り添った最大の理由は担当編集のスマッシュヒット、アドバイスがあったからだと言っていいでしょう。

 

初期の飛影の画像を見て確認すれば、誰もが「あっ…このキャラ三下だな。」だなと多くの方が思うでしょう。たしかに、剛鬼ほどの悪役顔ではないにしても、主人公サイドに回るキャラクターのデザインではありませんでした。

富樫先生もそれは認めており、再登場時以降千里眼も封印しています。

蔵馬に関しては登場した段階で既に幽助たちの仲間になる前提で物語は進められていただけに、その差は歴然。

キャラクターデザインもさることながら、登場した三盗賊編では良く喋り、幽助を挑発、螢子を人質にとる卑劣な手口を披露します。

しかし再登場した四聖獣編ではキャラクターがデザインは柔らかく性格も変更され、これがベースとして定着しました。

 

初代担当高橋 俊昌氏は編集長まで登りつめた方ですから、さすがの慧眼だと言うしかありません。

まとめ

今回は「【幽遊白書】なぜ飛影は幽助の味方になったのか?」と題して、

•幽助の一言がきっかけ?
•友を失い、情が爆発した仙水戦
•飛影が幽助と行動を共にする理由
•飛影が幽助の仲間になった本当の理由

上記についてお話ししていきました。

やはり飛影はかっこいいですね。

 

ちなみにアニメ【幽遊白書】を見るなら下記動画配信サービスがおすすめです。

アニメ観るなら<U-NEXT>

 

※本記事は2020年9月6日時点の情報となりますので、ご利用の際はご自身で配信状況のご確認をお願いします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。