【幽遊白書】躯の本当の強さとは?魔界統一トーナメントでは本気じゃなかった?

こんにちは、白石です。

今回は、幽遊白書に登場する魔界3大妖怪の1人である躯の本当の強さに迫っていきたいと思います。

魔界統一トーナメント


※クリックするとamazon商品ページへ飛びます

魔界統一トーナメントは激戦に次ぐ激戦とともに波乱の連続でした。

その中で躯はNo.74ブロックの予選に参戦し、傷一つ負うことなく予選通過を果たしています。これは彼女の実力を恐れた同ブロックの参加者が全員棄権したからによるものでした。

これにより躯は万全の体制で決勝トーナメントを迎えます。

躯の参加したブロックはD。順当に勝ちあがりますが、何の因縁か自分の右腕の存在である飛影と準々決勝での対戦することになります。

その他Dブロックの予選トーナメントには蔵馬が人間界からスカウトしてきた原作ではお馴染みのメンバーも揃っていました。

暗黒武術会に参加した酎、鈴駒、美しい魔闘家鈴木、陣の4人でいずれも当時とは別人の如くの妖力と実力を身につけS級妖怪として参加しています。

 

原作未登場のまだ見ぬ強豪揃いのDブロック

躯は二回戦で酎を破った棗(なつめ)と対戦。

幽助の父親”雷禅”の旧友の棗を一蹴すると三回戦で飛影と対戦しています。

三回戦では飛影に貫禄の勝利をおさめた躯でしたが、次戦ではこれまた雷禅の悪友であり喧嘩仲間の煙鬼に苦杯を喫してしまいます。

魔界統一トーナメントは作者が積極的に物語を終わらせることを望んでいた理由から極めて一試合あたりの描写が少なく、戦いの優劣さえわからないままで物語が終了しています。

このため、躯が決勝トーナメントで実力を出しきったか否かはわからずあくまでも想像にしかすぎないのが事実です。

特に雷禅の旧友の二人である棗と煙鬼の存在は未知数。黄泉同等の力があるということが語られているのみでした。

 

試合では躯の真の力は測れない?


※クリックするとamazon商品ページへ飛びます

躯は雷禅、黄泉と並ぶ魔界の三大妖怪でした。

躯の生い立ちとこれまでの生涯は苛烈なものがあり、感情の昂りによって、激しく妖力値が変化します。

殺伐とした戦場、命のやり取りをするような状況下に置かれればおかれるほど能力が上昇していきます。このため親善試合に近い形で行われた魔界統一トーナメントでは最大限にその能力を発揮できたとは言えないでしょう。

ただしその状態でも飛影と棗を連続撃破していますから、その困難な状況下では力を出しきったと言えます。

そして準々決勝の相手は優勝した煙鬼でした。

彼は黄泉同等の力を持つ実力者でありながらも性格は極めて温厚というある意味もっとも相性の悪い相手だったということも彼女が敗退する要因に繋がったと思われます。

強敵三連戦で消耗?勝負の鍵は飛影戦だった?

棗、飛影との連戦で力を出しきって消耗していたゆえに実力者である煙鬼に不覚を取った可能性も確かにあります。

原作ではこの三連戦は描かれていないため詳細すら不明なのが事実です。

躯が力を出しきったかどうかは原作ではわかりませんが、週刊少年ジャンプでの連載終了後に最終回を迎えたアニメではヒントとなる飛影と躯の試合がオリジナルバトルとして放送されています。

これらをアニメ監督の阿部記之氏は「完結した原作から推測して付け足した。」と語っています。

飛影と躯の戦いだけではなく、蔵馬対時雨、幽助対黄泉など含め原作では描写されなかった部分を原作アニメ化の意義を持って補完がされていると言っていいでしょう。

このアニメが大きなヒントになりそうです。

飛影との未来を歩む決心が躯の力を弱めた?


※クリックするとamazon商品ページへ飛びます

アニメ『幽☆遊☆白書』109話「対決!飛影とムクロ」では彼女の実力の一端を計り知ることができました。

飛影が一方的に攻撃を仕掛けますが、彼女はその攻撃を全て回避し反撃を行いませんでした。

最終的には黒龍波を飛影に撃たせるように仕向けたうえで必殺技を破り、表面的には圧倒的勝利をおさめます。

この時の様子を見る限りではまだまだ余力もありそうでした。

しかし飛影の黒龍波によって躯がずっと外すことができなかった手枷が壊れることになります。そして飛影から熱い言葉をかけられ、過去の呪縛と決別することになるのでした。

過去の呪縛と憎しみや怨を捨て、飛影とともに新たな一歩、未来を踏み出した名シーンではありますが、それ即ち過去の呪縛による強大な力の喪失にも繋がったのかも知れません。

そこに躯の準々決勝での敗退の大きな理由があるはずです。

まとめ

今回は、幽遊白書に登場する魔界3大妖怪の1人である躯の本当の強さについてお話ししていきました

やはり原作で魔界統一トーナメントの描写が少ないため、躯の本当の強さは未知数のままです。

ただ、ゆうはくファンとしては、躯vs煙鬼の試合は見たかったですね。

どんな試合展開だったのか、気になるところです。