セミナーで学ぶビジネスマーケティングとは

ビジネスにおけるマーケティングとは何か?

rawpixel / Pixabay

ビジネスにおけるマーケティングとは、自社が提供するサービスもしくは商品を相手の取引先に売り込むことを指します。

この時、ただ闇雲に商品を売り込むだけでは、顧客は定着せず会社のマーケットの市場は拡大しません。

商品を販売した後、

・どうすれば顧客になってくれるのか
・どうすればリピートされるのか
・アフターフォローはどうするのか

など、アフターフォローを考えていかなければ継続、発展は難しいわけです。

販売だけでなく、アフターフォローを考えることで自社の製品の品質やサービスを高め、より顧客を獲得するための企業の評価を得るのです。

企業は顧客から評価され始めて信用と実績を得ます。

セミナーでは企業の信用及び実績などについても説明することが多いです。

セミナーについては無料セミナー、有料セミナーがあり、会社の役員向けのセミナー従業員向けのセミナーと分ける事で経営陣とその部下という立場で仕事に携わるものとして自覚を持つセミナーも存在します。

プレゼンテーションの必要性をセミナーで学ぶ

nikolayhg / Pixabay

企業に置いて商品を売り込むためにするものといえばプレゼンテーションです。いわば商品のプロモーションで商品を売り込む際のCMや販売方法を企画することをプレゼンテーションと言います。

このプレゼンテーションを誤ると商品の魅力を半減させたり、商品自体の価値を下げることに繋がります。

例を上げますとかき氷の新作は夏場に出すことが定番で夏が一番多くカキ氷が売れる時期です。にも拘らず、冬にかき氷を売ろうとしますとカキ氷の魅力は半減します。

これは冬が寒いためかき氷を食べることに対し需要が少ないため購入者の購買意欲を促進させるためには冬にでも食べたくなるかき氷を作る必要性があり、作った商品がその基準を超えなかった場合、商品の魅力がなかった、もしくは季節が合わなかったので商品の魅力が半減したという事になります。

このように販売の戦略などもプレゼンテーションで行い、セミナーで学びます。プレゼンテーションは何も販売の戦略だけではなく、商品の問題点に置いても情報を共有する場所になりますので問題点を予め分かった上で問題点を解決するための案を提出する場でもあります。プレゼンテーションで問題を解決できるのであれば解決した方が商品の魅力が上がります。

無料セミナーと有料セミナーの違いについて

StartupStockPhotos / Pixabay

マーケティングを学ぶセミナーには無料と有料があります。まず、無料のセミナーについては、セミナーに来ている客層に違いがあります。

会社や企業を経営している人でなくても気軽に参加をすることができるのが無料セミナーで、これから商売をしようとしている人向けの情報を発信していることが多いのが無料セミナーです。

すでに自営業や企業を経営しているもしくは企業で働いている人物で商品の販売に携わるような人の場合は、無料セミナーだけではなく有料のセミナーも視野に入れるのがおすすめです。

有料セミナーの場合、ビジネスの基礎知識があることを前程に話が進むことが多いですが、無料セミナーより深い講義を期待できます。

この点が無料と有料との違いでしょう。

動画サイトなどでも、

「ここまでは無料視聴できるけど、ここから先は有料だよー」

なんてこともありますよね。

これは、提供される情報がより有益なものとなる可能性が高いからだと言えます。

 

セミナーがはじめてという方は、まず無料セミナーに参加してその雰囲気に慣れてから、

有料セミナーに参加してみると良いかも知れませんね。